ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年05月13日

ネット保険の注意点

ネット保険

簡単に申込でき、安い保険料で加入できる事で注目されている

 

「ネット保険」

 

安くて簡単な点は良いのですが、商品数が限られたり、その中身も選択できるコースが限定されているという注意点もあります。

 

良し悪しがあるのは仕方ありませんので、しっかりとメリット・デメリットを把握した上で検討してみましょう。

ネット保険のメリット

●保険料が安い

 

何といってもネット保険の一番の魅力は保険料の安さでしょう。

通常の保険加入では営業担当者が訪問し対面で申込みます。ネット保険はそういったコスト(人件費など)を抑え、その分保険料を安くするという事が可能になります。

 

●保険の営業担当者からの勧誘行為がない

 

従来の保険営業では担当者がしつこい営業をかけてくる事もあったようですが、ネットであれば非対面。お客様から問い合わせしない限り電話のやりとりも必要ありません。

 

つまり、自分で考えて保険の設計ができるというのがメリットです。

 

しかしこの点はデメリットに繋がる事もあります。

 

では、次にデメリットを。

 

ネット保険のデメリット

●商品が少ない

ネット生保では、商品タイプが限られているので、選択のしやすさはあっても狭い範囲から選ぶ必要があるというデメリットもあります。

 

●自分で全て把握する必要がある

担当者がいない分、余計な営業はないかもしれません。しかし、細かい規定や不利益な内容などを全て自分でパソコンの画面から読み取る必要がでてきます。

 

●保障内容と認識にズレが生じる

実は自分で思っている保障内容になっていないケースがよくあります。

給付されると思っていた保険金がおりなかったり、ずっと続くと思っていた保障が途中で切れたり、、、安くても意味のない保険になっていませんか!?

 

 

 

まとめ

ネット保険を利用する場合は、以下の点に注意。

 

①保険の知識をつけておく

②自分にとって必要な保険とその保障額を把握する

③ネット保険の商品内容をしっかりと確認する

 

特に確認事項として、

・保障期間はいつまでか?

・更新があるのか?

・保障範囲が限られていないか?

 

などは抑えておくべきポイントでしょう。

 

ただし、ある程度知識を付けた上であれば、もっと色々な保険を検討されても良いかと思います。

 

ネット保険は安いと言いましたが、保障期間や内容のバランスを考えると、一般的な民間の保険の方が良いという方もいらっしゃるからです。

 

保険は複雑で分かりにくい商品です。

自分で考えるのは大事ですが、間違った入り方をすると何十万、何百万という損失につながりかねません。

是非この機会に無料相談をご利用ください。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索