ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2017年03月14日

ガンの中で最も多いのは前立腺がん

前立腺がんについて

前立腺がんって?

前立腺は男性だけの臓器で、恥骨の裏側に位置しています。

 

前立腺が正常な細胞増殖機能を失ってしまい、秩序なく自己増殖することで前立腺がんに繋がるといわれています。

 

最近は、遺伝子の異常も原因の一つといわれていますが、正常な細胞がなぜがん化するのか、まだ十分に解明されていないのが現状です。

前立腺がんの症状

前立腺がんの症状は?

前立腺がんは早期段階では痛みがある等、特徴的な症状はみられないことが多いようです。

 

同時期に起きやすい症状として、例えば

・尿が出にくい、切れが悪い

・排尿後に残尿感がある

・夜間トイレに行く回数が増える

・尿を我慢できず漏らしてしまう

などがみられる場合があるようです。

 

更に進行すると、上記に加え、血尿や骨への転移による腰痛などがみられることがあります。腰痛で骨の検査を受けた際に前立腺がんが発見されることもあります。

また肺転移がきっかけとなって発見されることもあるようです。

前立腺がんの発見と統計

いつどうやって発見される?

最近は、症状がなくても健康診断などの血液検査で、腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)が高値であることがわかり、専門医を受診される方が増えています。

 

前立腺がんは高齢になるほど多くなるがんの代表と言われています。

65歳以上から罹患率が顕著に高くなり、男性がかかるがんの中で約15%程を占めるデータもあります

 

ただし、中には進行が遅く寿命に影響しないケースもあるようです。

別の原因で亡くなった方の前立腺を調べた際にがんが見つかるケースもあり、上記のPSA検査の普及によりこのようなラテントがんが発見されるケースも増えてきているようです。

 

前立腺がんの原因

前立腺がんの原因は?

明らかになっているリスク要因として、

・年齢(高齢者ほど多い)

・人種

・前立腺がん家族歴

といわれています。

男性ホルモンが前立腺がんの発生に関わっているのではないかといわれてきましたが、現在のところ、疫学研究ではこの仮説に一致する結果は得られていません。

最近では、細胞増殖に関わるタンパク質の一種によって、リスクが高くなる可能性が指摘されています。

 

食事・栄養素に関してのリスク要因として、

・乳製品、カルシウム、肉、脂肪、

予防要因として

・大豆、リコピン、セレン、ビタミンE、魚、コーヒー、野菜

などが候補にあげられています。

 

しかしこれらも現在前立腺がんとの関係が明らかになっているものはありません。

また、喫煙、運動についても、関連があるかどうかを含めて、研究が進められています。

患者数が多い前立腺がんですが、まだまだ解明されていないことが多いようです。 偏った食事にならないよう気を付ける事や、早期検査、いざという時の保険などの備えは必要でしょうね。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索