ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年08月17日

生命保険の申し込みをしたらいつから保障が始まる?

生命保険の申し込みをしたらいつから保障が始まる?

生命保険や医療保険の申し込みに対してこれを保険会社が認めることを承諾と言います。

 

そして保険会社が契約上の責任(保険金・給付金のお支払いなど)を開始する時期を責任開始期と言います。

 

申込書に署名・捺印して提出しただけではまだ保障は始まりませんので保険の見直しで以前の保険会社の契約を解約する場合などは注意しましょう。

責任開始期の考え方について

生命保険契約による保障を受ける為には以下の3つの手続きが終了し、生命保険会社が契約を承諾する必要があります。

 

1、契約申し込み(申込書への署名・捺印)

2、告知・審査(告知書の記入、健康診断・人間ドックの結果提出、嘱託医による医的診断)

3、第一回保険料充当金の払い込み

 

 

保障を受けられるかどうかをみる際、責任開始期(日)は非常に重要です。
高度障害保険金や入院給付金など(死亡保険金は除く)は責任開始期(日)前に生じた病気やケガを原因とする場合、健康状態などを契約時に正しく告知していても約款に定めが無い限り受け取れないのが一般的です。

 

がん保険など責任開始期に注意が必要な保険契約

上記のように生命保険の保障は申し込み、告知、第一回保険料払い込みの3つの手続きが終わると有効になるのですが中には例外もあります。

 

例えばがん保険などの保障については上記の3項目が揃った日を保険期間の始期とし、その日を含めて91日目からがんの保障がスタートするのが通常です。

 

その他にも第一回保険料払い込みについては保険契約の手続きをした募集人に直接現金で渡したり、保険会社の口座へ直接振り込み、クレジットカードなど支払方法によって払い込みの日付が異なる場合もありますので注意しましょう。

生命保険は申込書を提出したからといってすぐに保障が始まるわけではないんだね。どの時点から保障が開始されるのか把握しておこう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索