ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年06月23日

骨折をされた方が保険に加入するときの注意点

骨折をして治療を受けた方でも生命保険の加入や条件付で医療保険に保険に加入できる可能性もあります。

骨折の症状について

ひと言に「骨折」といっても部位や症状(完全骨折、複雑骨折、単純骨折、閉鎖骨折など)は様々です。

 

頭蓋骨・顔面骨
→生命保険・医療保険ともに治療後も厳しい査定となることがある。

 

脊椎・脊柱・背骨
→生命保険・医療保険ともに治療中は厳しい査定となることがあり、治療後は部位不担保で加入出来る可能性あり。

 

上記以外の部位
→治療中の医療保険の加入は厳しいが、治療後は生命保険・医療保険ともに加入出来る可能性がある。
医療保険は部位不担保の可能性あり。

骨折をされた方の告知ポイント

頭部や頚椎などの部位は生命保険の加入時には厳しい査定になることが多く、腕や足などであれば部位不担保(特定の疾病または特定の部位を一定期間保障の対象から外す)付きや治療後の経過年数等によっては無条件で医療保険に加入出来ることもあります。

 

骨折をされた方の告知ポイント

・部位
・入院の有無、日数
・手術の有無(手術時の固定金属挿入の有無や抜去の有無)
・治療後の経過年数

 

上記の内容に注意して告知しても状況によっては加入が難しい場合もあります。
その時は引受基準緩和型や無選択型の生命保険や医療保険もございますので自分の場合は加入出来るのか知りたい、という方は当ページのお問い合わせフォーム、フリーダイヤルへお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索