ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年02月10日

保険の選び方

保険の担当者がどういったことを考えて、自分の保険に加入しているのか?保険のプロの意見を参考にしてみましょう。

必要な保険

保険の担当者といっても、一人間として必要な保障は一般の方と何ら変わりません。

 

ですから、年齢や家族構成が近そうな担当者であればその方がどんな保険に加入しているかを参考にしてみてもいいのかもしれません。

 

実際保険の担当者も自分で保険を考えており、

死亡保険・医療保険・学資保険等、ライフスタイルに応じて様々な保険に加入しています。

まず考える点として

ここからは個人的な意見になる部分もありますので、あくまでも1意見としてお聞き頂ければと思います。

(あまり、営業的にならぬようここでは特定の保険会社名や商品名は出さずにすすめていきます)

 

保険を考えていくポイントとして、まず「こういった保険には注意する」といった消去法ですすめていくのが良いかもしれません。

 

では、避けた方が良い保険商品とはどんな内容なのでしょうか。

 

 

 

避けるべき保険

よく言われるのが、

 

「更新型の保険商品」・・・何年かごとに保険の掛け金が上がっていく

「率の悪い貯蓄保険」・・・元本割れするような貯蓄保険

 

などが挙げられます。

 

あとは単純に中身が理解しにくい商品は避けた方が良いでしょう。

中身が複雑な商品というのは結局保険会社の利益を優先して作られた商品というケースもあるからです。

 

 

加入したい保険

加入をオススメできる保険として、上記の逆、つまり

 

「シンプルでわかりやすく、料金が上がっていくタイプではなく、内容と料金のバランスがとれている」

 

保険という事でしょう。

 

意外にこのシンプルでわかりやすいというのは重要かと思います。

「理解しにくい保険」というのはやはり保険会社にとっては都合がよく、お客様にとってはオススメできない保険なのかもしれません。

 

注意点としては、

 

「安い保険」=「オススメ保険」  ではない

 

という事です。

 

「安い」というのは魅力的ですが、その中には色々な特約を付加すると高くなっていく商品や、入院費(1日いくらといった)は出るが手術費は出ないといった保険も存在するのです。

 

大事なのは

「安い」 ではなく、

「割安」(内容の割に安い。内容と料金のバランスがとれている)  という事です。

 

 

結論として

個人的には本屋さんで並んでいる保険の雑誌を見るとわかりやすいと思います。

 

難しい保険の本ではなく、保険のランキングがのっているような雑誌の方が見やすいでしょう。

 

その中でFPがすすめているような保険であれば検討する価値はあるかと思います。

 

そういった情報をもとに保険のプロに相談に乗ってもらうと良いかもしれません。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索