ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年07月17日

過去に破綻した生命保険会社

これまでに破綻した保険会社は8社。 いずれも外資ではなく日本国内の生命保険会社となっています。

これまでに破綻した生命保険会社

生命保険は長期に渡る契約の為、契約期間中に保険会社が倒産してしまうリスクはゼロではありません。

 

保険会社が破綻した場合も保険契約者保護機構によって契約は保護されますが保険金額の減少する可能性もありますので注意しましょう。

 

これまでに破綻した生命保険会社は以下の8社です。

 

・日産生命保険相互会社(1997年4月)

 

・東邦生命保険相互会社(1999年6月)

 

・第百生命保険相互会社(2000年5月)

 

・大正生命保険株式会社(2000年8月)

 

・千代田生命保険相互会社(2000年10月)

 

・協栄生命保険株式会社(2000年10月)

 

・東京生命保険株式会社(2001年3月)

 

・大和生命保険相互会社(2008年10月)

生命保険会社の破綻リスクに備えるには?

生命保険会社が破綻した場合、養老保険や終身保険、個人年金など貯蓄性の高い保険が掛け捨てに比べると保険金額の減少幅が大きくなります。

 

その為、保健会社の破綻リスクに備えるには掛け捨て型の保険中心に加入したり複数の保険会社に契約を分散して加入するなどが挙げられます。

 

保険会社の経営状態をチェックする指標として生命保険会社の格付けやソルベンシーマージン比率などがあります。

 

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索