ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年07月14日

相続税の改正(平成27年1月1日施行)

平成27年1月1日からの相続税改正を受け、これまで以上に課税対象者が増えます。 生命保険の非課税枠や生前贈与など対策もありますのでご不安な方は是非ご相談ください。

相続税の改正について

平成27年1月1日から相続税改正が改正され、課税対象者を1.5倍に引き上げるよう水準が定められました。

 

ただし、今回の改正によって首都圏に不動産とある程度の資産がある方であればゆうに超えてしまう額であり、地域によっては4人に1人が課税対象者になるのでは?とも予想されています。

 

遺産に関わる基礎控除の変更について

遺産に関わる基礎控除について改正前と改正後では以下のようになります。

 

<改正前>
5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

 

<改正後>
3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

例えば亡くなられた方の法定相続人が配偶者1人、お子さま2人の場合だと改正前は8,000万円だった基礎控除額が改正後は4,800万円と3,200万円もの差となります。

 

その他にも相続税の税率構造も変更され、以前に比べてより多くの資産を持つ方に対して税率が大きい構造へと変更されました。

 

詳しい内容については国税庁のホームページにてご確認ください。
<国税庁>相続税及び贈与税の税制改正のあらまし

 

相続税改正の対策について

相続税のみに関わらず厚生年金保険料の増額、国民年金保険料の増額、復興特別所得税の実施、消費税8%の実施(2015年10月には10%に)など収入に占める税金の割合は増える一方です。

 

相続税に対しては生命保険の非課税枠や生前贈与などによって対策を立てることも可能ですので不安な方はぜひ専門家にご相談下さい。
(当サイトからも無料相談を承ってます。)

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索