ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2016年12月29日

経営者向け 連帯保証債務について

連帯保証債務

連帯保証債務

連帯保証人である経営者に万が一の事があったら債務はどうなるのでしょうか?

 

ずばり連帯保証債務はご家族が相続します。

 

そうなると法人の債務がご家族に重くのしかかる可能性があるので、事前に保険に加入する等、万が一のリスクに備える必要があります。

経営者が亡くなった場合どうなるのか?

経営者が亡くなった場合の連帯保証債務

 

●連帯保証債務がなくなるわけではありません。

 

●連帯保証債務はご家族(相続人)に法定相続分に従って相続されます。

 

●相続人が相続を放棄した場合、次の相続順位の相続人へ連帯保証債務が相続されます。

結論

法人を経営されている方が亡くなられた場合、

残された方(相続人)の誰かが債務の返済義務を負う可能性があります。

 

もちろん経営者の考え方によって対策の取り方は様々です。ただし、万が一の備えが充分であるかどうかはきちんと把握しておくべきでしょう。

 

ご家族の生活を守る為、法人の債務を返済できる対策をおすすめします。

対策の一つとして、生命保険が挙げられます。保険金額の計算方法や保険期間について税金の問題も考えなければなりません。法人保険についてまずは当社までご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索