ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年06月26日

妊娠時の注意点

妊娠時に注意すべき行動

妊娠時に気を付けるべきポイントについて代表的なものを以下に挙げます。

 

基本的には全て受診されている病院の担当医に確認を行うべきですので、あくまでも参考程度にご覧ください。

タバコ

・タバコ

タバコは血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くなる要因となります。

 

妊婦さんがそうなると、子宮の収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下する事もありえます。その結果、流産や早産などのトラブルにもつながりやすいのです。

 

その以外にも赤ちゃんに必要な酸素や栄養が行き届きにくくなり、低出生体重児での出産になったり、出産後の知能の発達の遅れ、妊婦の早期破水などを起こす可能性もあると言われております。

 

もちろんタバコの副流煙にも同様の影響がありますので、周りの方も含めて注意が必要になります。

アルコール

・アルコール

飲酒における影響は諸説ありますが、一説には、ビールなら大瓶2本、日本酒なら2合のお酒を毎日飲み続けると、生まれてくる子に障害が起きる可能性があるとされてます。

 

逆に毎日飲み続けるわけでなければあまり影響はなく、飲まない事でストレスが溜まるぐらいなら、気分転換に少し飲むぐらいは許されるかもしれません。

薬やサプリメント

・薬やサプリメント

時期的には妊娠してすぐよりも、妊娠4週から7週が気を付けるべき期間と言われております。

中には体の機能に影響があるかもしれない薬もありますので、妊娠中の薬の服用は医師に必ず相談してください。

 

サプリメントは基本的には問題ありませんが、脂溶性ビタミンのA・Dには注意した方が良いかもしれません。

その他の行動について

・カフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインの摂取について、基本的に1日1~2杯くらいであれば問題ないでしょう。4杯以上になると注意が必要かもしれません。

 

・X線

多くの放射線を浴びると、赤ちゃんに先天性異常を及ぼすことがあります。

よく心配されるレントゲン検査ですが、レントゲンで使われるX線は放射線の量が微量ですので、基本的には心配し過ぎる必要はありません。

どうしても受けざる得ない状況になった場合は医師に妊娠状況を相談の上、検査を行ってください。

ちなみに運動は16週以降安定期に入ってからを目安にするのが良いと言われております。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索