ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年02月20日

必要な保障額の計算例

保険加入の際にはまず、必要な保障額を計算してみましょう。 どのように計算するのが良いでしょうか?

収入の保障

必要保障額(毎月) = 1か月あたりの収入 × 70% - 遺族年金額

 

世帯主が死亡した場合このような計算になるでしょう。

亡くなった方の生活費は必要なくなり(約3割)、既に準備できている保障として公的遺族年金があるため、差し引いて考えます。

1か月あたりの年収は税込み年収÷12か月で求めることができます。

入院の保障

必要保障額(1日あたり) = 医療費 + 差額ベッド代 + 食事代

 

医療費(1日あたり) : 公的医療の自己負担限度額÷30日

差額ベッド代(1日あたり) : 平均推計額約5,000円

食事代(1日あたり) : 1食260円×3回=780円

 

ただし、上記以外にも交通費や日用品代など、別途費用がかかる場合があります。

収入や家族構成等によって個人差があります。わかりにくい場合は専門家に相談してみましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索