ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年11月24日

収入保障保険とは

収入保障保険とは

生命保険には貯蓄性を備えた「終身保険」や60歳までなど期間限定で掛け捨ての「定期保険」など様々な種類があります。

 

近年、各保険会社が力を入れている商品のひとつとして「収入保障保険」という商品があります。

 

この商品は保障内容が合理的でムダが無く割安な保険料で万一の場合に備えることができる商品として加入者も増加しています。

 

以下、収入保障保険の特徴について見てみましょう。

 

収入保障保険の特徴

(1)保障内容が合理的でムダがない

 

一般的な生命保険では「被保険者に万一のことがあった場合、1,000万円の保険金が支払われる」という内容になっていますが収入保障保険は「被保険者に万一のことがあった場合、決められた期間毎月10万円の保険金が支払われる」という内容になっています。
(1,000万円や10万円などの保険金額はどちらも加入時に調整することが出来ます。)

 

例えばお子さまが5歳の時と15歳の時に世帯主の方が亡くなるのとでは成人するまでの期間が異なるので必要な生活費も変わってきます。
子供の成長に合わせて万一の場合に必要な生活費が減っていくのでそれに合わせて保障額も減っていくということから合理的でムダが無い商品であると言われています。

 

 

(2)保険料が安い

 

収入保障保険は子供の成長に合わせて保障額が減っていくという特徴がある為、定期保険よりも保険料が割安になります。

 

ある保険会社の商品を例に定期保険と収入保障保険の保険料を比べてみると以下のような結果になります。

 

<定期保険と収入保障保険の保険料の違い>

 

定期保険 30歳男性 60歳まで 保険金額3,000万円
保険料 8,8880円/月

 

収入保障保険 30歳男性 60歳まで 保険金額 月10万円(=3,600~0万円)
保険料 2,830円/月

 

30歳から60歳までの保険料の総額を比べると217万8,000円も収入保障保険のほうが割安になります。
更に収入保障保険は万一の場合に毎月受け取るか一括で受け取るかを選択する事が可能なので遺族の方の状況に合わせて残された保険金を活用することが出来ます。

 

お子さまが成長するまでは大きな死亡保障が必要、でも保険料はあまり負担出来ない・・・という方に収入保障保険は最適な商品だと言えるでしょう。 加入する際にはしっかりと内容を把握しておきましょう。

コメント(2件)

  • 山田

    子供が小さいので万が一に備えて保険を見直そうと思っているのですが、できるだけ掛け捨てのものは避けたいと考えています。
    収入保障保険とは掛け捨てタイプのものでしょうか?掛け捨てであってもそういったもののほうが結果的に安く収まりますか?

    • 運営

      お問合せありがとうございます。
      収入保障保険については基本的に掛け捨てとなりますが、記事にも記載の通り、合理的で無駄が無いことが特徴の商品です。
      万が一の死亡保障を全て掛け捨てではない、終身の保障で準備するとなると掛け金はかなり高くなってしまいますので、バランスよく準備されることをお勧め致します。

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索