ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年08月13日

学資保険の満期(祝い)金と税金の関係について

学資保険を受け取った収入は税金がかかるの?

学資保険で受け取る満期保険金や祝い金は所得税の対象ですが受け取った保険金全額が課税対象になるわけではなく、最近の運用率では実際に課税されるケースはほとんどないでしょう。

 

満期金や祝い金、年金で受け取った場合など一般的な例を取り上げてみましょう。

学資保険の満期保険金や祝い金と税金について

学資保険の満期保険金や祝い金は一時所得の対象となります。
一時所得の税額は次の計算式で求めます。

 

<一時所得>
総収入金額-収入を得る為に支出した金額-特別控除額(最高50万円)÷2

 

祝い金や満期保険金からそれまでに支払った保険料の総額を引き、特別控除の50万円を引いた額の半分が所得税の課税対象となります。

 

学資保険の満期保険金や祝い金では相当の運用率で払い込んだ保険料以上の保険金を受け取らない限りは所得税の課税対象になりませんので税金についてはそれほど心配する必要はないでしょう。
(満期保険金だけを受け取るタイプで500万円以上の高額な保険商品に関しては返戻率が110%程度でも課税対象になる可能性がありますのでご注意ください。)

 

学資年金を受け取った場合について

学資保険の中には満期保険金を年金の形で何年かに分けて受け取るタイプの商品もあります。
その場合は一時所得ではなく雑所得扱いになり、個人年金で年金を受け取る場合と同じ扱いとなります。

 

<雑所得>
年金額-必要経費

 

<必要経費>
年金額×(払込保険料の総額÷年金総額)

 

学資年金の場合は満期保険金や祝い金を受け取る場合と異なり、雑所得の扱いとなる為、一括で受け取る場合とは税金の種類が異なることをあらかじめ確認しておきましょう。

 

学資保険は受け取り方や受け取る人によって税金の種類が変わってきますので不安な方は専門家に確認するようにしましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索