ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月12日

定年退職された方の保険の選び方

定年退職された方と現役で働いていたときとでは収入の変化やお子様が独立しているなど環境が大きく異なります。必要な保障を整理して備えておきましょう。

定年退職された方に必要な保障のポイント

仕事をしている現役の方と退職して年金生活になられている方とでは環境が変わるので生命保険の保障やマネープランの見直しが必要です。

 

定年退職された方や高齢者あg保険を見直す際のポイントは年齢が高くなるに連れて病気による入院や死亡リスクが高くなる反面、実際に入院や万一の場合に直面した特の困り度合は小さくなっているという点です。

 

現役世代の方は、入院時に子どもを含めた生活費や仕事が出来ないことによる収入減などのリスクがありますが高齢者の方の場合、そのリスクが少し軽減されます。

 

こういった内容を踏まえて死亡保障と医療保障に分けて必要な保障を整理してみましょう。

高齢者の方に必要な死亡保障のポイント

すでに子どもが独立している方の場合、死亡保障のポイントは以下の3点です。

 

・お葬式代など身辺整理費用
・配偶者の生活費
・相続対策

 

お子様が小さい頃にかけていた高額な死亡保障がある場合は見直しが必要となります。
(特に掛け捨ての定期死亡保障は要注意)

 

特に相続については2015年から相続税の制度変更に伴って課税対象者が2倍近くに増えるとも言われておりますので注意するようにしましょう。

高齢者の方に必要な医療保障のポイント

高齢者の医療保障については年齢的にも病気やケガに対するリスクが高くなりますので長期入院なども想定して準備しましょう。

既に加入している保険があって別の保険に切り替える時は「解約したけども新しい保険会社は体調の問題で断られた」「解約後に新たに申し込もうと思った矢先に入院した」などが無いように新しい保険に加入してから現在の保険を解約しましょう。

 

保険証券を確認して現在あなたが入っている保険の内容がよく分からない、何年かに一度更新があってこの先どうなるか分からないという場合はお子様や専門家に一度相談して整理することで老後の必要な保障に備えましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索