ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2013年12月17日

子どもが独立した時の見直しのポイント

お子様が独り立ちして自分で生計を立てるようになると世必要な保障額も変わります。 定年や年金生活への移行など収入に対する変化にもしっかりと備えておきましょう。

子どもが独立すると死亡保障の必要性が少なくなる

お子さまが独立した後の見直しは以下の2点に注意しましょう。

 

・子供が独立しているのに大きな定期保険に加入していないか
・医療保険など必要な保障が終身になってるか?

 

体調面から新たな保険商品への加入が難しくなる場合もありますので慎重に現在の加入内容を確認してみましょう。

定年退職など収入の変化にも注意

60歳や65歳などを境に定年退職された方や度重なる更新によって保険料が上がってしまい家計を圧迫されてしまうケースが多いのがこの世代の特徴です。

 

入院時や万一の場合に必要となる費用について確認した上で、自分に必要な保険商品に加入しましょう。

 

保険会社や保険商品が多すぎて分からないという方はお子様とご相談してみることをお勧めします。

見直しは早ければ早いほど有利

生命保険は健康状態によって加入が出来なくなる特別な商品です。

 

自分のライフプランに沿った保険商品を希望しても健康状態によっては加入できない、特別な条件がつく場合もあります。

 

若い時からライフプランを見据えて加入することは大事ですが、状況の変化に応じて定期的な見直しをするようにしましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索