ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2013年11月29日

結婚した時に必要な保障の選び方

結婚をきっかけに生命保険についてはじめて真剣に考える方は非常に多いでしょう。 万一の場合に家族が大変な思いをすることが無いようしっかりと備えておきましょう。

結婚した時に保険に入る場合はどうしたらいいか?

結婚をきっかけに、はじめて生命保険について真剣に検討する方は非常に多くいらっしゃいます。

万一の場合にご家族が大変な思いをすることが無いように備えましょう。

 

まずは必要な保障額と現在加入している保険など現状を正確に把握することがポイントとなります。

まずは現状を整理すること

<現在加入している保険がある>

会社に来ているセールスレディから加入した保険は大手生保の更新型に加入している場合が多いのが現状です。

 

この場合、「定期保険特約付終身保険」や「アカウント型」など高額な死亡保障をメインにした商品に加入していることがほとんどです。

 

現在の保険料が10年ごとに高くなる可能性が高いので必要な保障額や現在の状態に加えて将来の保険料や保障額なども把握しておくようにしましょう。

 

<現在、加入している保険がない>

今までご両親から保険の引き継ぎや、セールスに合うことが無く、未加入の方は無保険状態で長い期間いると加入リスク(健康状態などによって加入できなくなる場合もある)を増大させることになります。

 

ご家族を持つことを機会に生命保険の加入が必要かどうか判断した上で迅速に行動しましょう。
相談の窓口としては保険ショップや独立系FP(ファイナンシャルプランナー)、インターネット、生保レディなどが様々ですが任せっきりにするのではなくご自身でもある程度保険についての予備知識を知っておくことをお勧めします。

 

生命保険は病気やケガ、死亡時などのリスクに備えるものです。
万一の場合にどれくらい困るのかを割り出して必要な保障に備えましょう。

結婚された方が保険に入る場合のポイント

結婚された方が生命保険の加入や見直しをされる場合のポイントは以下の通りです。

 

・今後の結婚生活の中で長期(10年~30年)で見て自分が死亡した場合に家族を守ることができる死亡保障を確保すること。

 

・自分の病気やケガ、入院などを目的とした保険(入院保険、がん保険、三大疾病等)を抑える。

 

・配偶者の保険について、死亡・医療保険をチェックする。

 

・保険以外にマイホーム資金、教育資金などの貯金をスタート。

 

・その他に必要なものを優先順位をつける。

 

結婚をしたということは経済的に守るべき家族(扶養家族)が増えたということです。
世帯主が死亡した場合の保険はしっかりしたものが必要です。

 

最近は女性もビジネスの場で活躍する事が多いので男性に限らず以下のポイントを整理するようにしましょう。

 

ある人が死亡した場合、「誰が」「どれだけ」「いつまで」困るか経済的な不足分を補う為に生命保険が活用できます。

 

不足分を補う場合は・・・

 

・国の社会保障(公的年金、遺族年金等)
・会社の保障(死亡退職金、団体保険等)
・足りない部分を民間の生命保険でカバー

 

上記の順番で補っていくので社会保障制度や企業保障制度を知っておく必要があります。

 

万が一の場合、自分で用意する保障額を知る基本的な考え方で保障の三層構造と言われています。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索