ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年06月18日

子宮筋腫の方が保険に加入するときの注意点

子宮筋腫は良性の疾患なので治療をされた方でも通常通り生命保険の加入出来る可能性があります。

子宮筋腫とは

子宮の壁は、平滑筋という筋肉でできています。
妊娠によって子宮が大きくなったり、出産の時に陣痛が起こるのもこの筋肉が伸縮するからです。
子宮筋腫は、この筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋の細胞が異常に増殖したものです。

 

子宮筋腫は女性の病気の中でも、とくに多い病気です。
成熟期の女性に多く、40歳の女性の4人に1人は子宮筋腫をもつといわれていて、ごく小さな米粒ぐらいの筋腫まで含めれば、ほとんどの人がもっているといってもいいほどです。

 

子宮筋腫の方が保険に加入するときの告知ポイント

子宮筋腫の治療をされたことがある方でも方でも死亡保障に特別な条件等なく加入することや、部位不担保( 特定の疾病または特定の部位を一定期間保障の対象から外す)付きで医療保険に加入出来ることがあります。

 

保険会社に正確に査定してもらう為の告知ポイントは以下の内容が挙げられます。

 

子宮筋腫の方の告知ポイント

・年齢
・治療内容(手術の有無や術式等)
・治療開始期(治療からの経過年数)

 

上記の内容に注意して告知しても状況によっては加入が難しい場合もあります。
その時は引受基準緩和型や無選択型の生命保険や医療保険もございますので自分の場合は加入出来るのか知りたい、という方は当ページのお問い合わせフォーム、フリーダイヤルへお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索