ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年05月20日

主婦の保険の選び方

保険に加入する際は、必要な保障だけをしっかりと準備し、出来るだけ無駄をなくして保険料を抑えるようにすることが大切です。

 

主婦の場合はどのようなことに気を付けて保険を選べば良いでしょうか?

 

下記の保険には特に注意が必要です。

定期保険部分が多く、終身保険部分が多いもの

「この保険は死亡時に1000万円の保険金が付いています」

 

こう言われて入った保険であれば、大きな保障がずっと付いていると思い込んでいる人が非常に多いです。

でもそれが全て終身保険であれば別ですが、定期保険の部分が大きくなっていれば、例えば1000万円の保障があるのは10年間だけで、その後は終身保険部分の100万円だけになってしまうというというようなことが起こりえます。

 

生計を支えている立場であれば万が一に備えて、定期保険を有効活用していくのが良いですが、専業主婦で現在の生計を支えているのが夫であれば、万が一のときも家族が経済的に困ることはあまり考えにくいです。

 

どちらかというと葬儀費用等の準備や貯蓄目的の終身保険に重点を置いて検討するのが良いでしょう。

保険料が途中で上がるもの

上記のような定期保険もそうですが、医療保険についても終身保障ではなく10年満了等になっている場合があります。

その場合、満期が来たら更新するのにその年齢で保険料が計算される為、通常保険料が上がります。

 

医療保険にも更新がなく保険料は上がらずに一生涯の保障になっている商品もありますので、よく理解して加入するようにしましょう。

 

保険に慣れていなければ自分で全て理解して加入するのは少し難しいかもしれません。 そんな時は是非経験豊富な担当者にご相談ください。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索