ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年01月07日

知っているようで知らない「がん」の知識

がんにかかった家族はいないから大丈夫、ってホント?

遺伝する「がん」は5%程度

 

「がん」の要因はほとんど ”生活習慣” によるものと言われています。

 

たばこや食事、運動、飲酒等の生活習慣による影響が大きいのです。

 

実際、日本人の食生活の欧米化が進むと共に、最近では、大腸がんや乳がん、前立腺がんといった欧米型の「がん」が増えてきています。

 

「がん」の一番の予防法は生活習慣の改善と言われていますが、いくら健康的な生活を心がけても100%防ぐ事はできません。

 

「がん」になるかどうかはある種”運”によるところもあり、まず「がん」は誰もがかかりうる病気だと認識する必要があるのです。

がんは不治の病なのか?

一昔前は、「がん」は不治の病というイメージが強い病気でしたが、医学の進歩により「がん」は早期発見・治療で治せる時代になりました。

 

現在も日進月歩で、新しい薬や治療技術が開発され、がん治療の選択肢は広がっています。

 

◆早期がん(ステージ1)の5年生存率

胃がん:97.6%

大腸がん:98.5%

肺・気管がん:80.4%

前立腺がん:100%

乳がん:99.2%

子宮頸がん:92.9%

 

⇒全がんの生存率:91.4%

 

(出典:公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計12」の「全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年相対生存率 全症例(臨床病期Ⅰ)」)

 

この数字を見ると、いかに早期発見が重要か分かります。

 

「がん」にかかる方が増えている反面、早期に「がん」を見つける事で治す事ができる時代になっている、という事もしっかりと把握しておく必要がありますね。

お問い合わせはこちら

コメント(2件)

  • 池田

    がん保険に加入するべきか迷っています。家系にがんがいなくてもがん保険には入るべきなのでしょうか?

    • 運営

      お問い合わせありがとうございます。
      確かにがん家系という言葉は割と良く知られていますし、そうでない方にとってはがん保険の必要性は感じにくいかも知れません。
      しかし実際には遺伝からくるがんというのはほとんどないと言われていて、今は2人に1人ががんになる時代です。
      がん家系でなくとも是非がん保険への加入はご検討いただくことをお勧め致します。

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索