ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年07月14日

知っておきたい病気やケガによる入院データ

脳血管疾患は・・・?

脳血管疾患の入院日数

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管疾患と他の病気の平均在院日数を年齢別に見てみましょう。

 

【15~34歳】

・高血圧性疾患:9.6日

・糖尿病:41.6日

・脳血管疾患:30.6日

 

【35~64歳】

・高血圧性疾患:13.0日

・糖尿病:21.3日

・脳血管疾患:55.4日

 

【65歳以上】

・高血圧性疾患:48.5日

・糖尿病:47.6日

・脳血管疾患:104.4日

 

【70歳以上】

・高血圧疾患:51.4日

・糖尿病:54.1日

・脳血管疾患:109.8日

 

※出典:厚生労働省「平成23年患者調査」

 

脳血管疾患は在院日数が長期化する傾向があり、更に年齢が上がる程入院が長期化し、日数が100日を超える事もあります。

骨折は・・・?

ケガ(骨折)での在院日数データ

◆年齢別データ(骨折での入院)

 

0~14歳 約5%

15~34歳 約9%

35~64歳 約21%

65歳以上 約65%

 

なんと骨折の入院患者のうち 約6割が65歳以上という事が分かります。

 

◆65歳以上の骨折での在院期間

 

0~14日・・・約21%

15~60日・・・約54%

2~4ヶ月未満・・・約20%

4ヶ月~1年未満・・・約4%

 

比率として多いのは60日以内ですが、意外にも5人に1人が61日~120日程の入院になっているのが分かります。

保険と入院日数の関係

民間の医療保険のほとんどは1回の入院日数の型を最初に選択します。

 

30日型

60日型

120日型

など保険会社によっては更に長期の入院に対応した商品も販売しています。

 

上記データからも分かる通り、もしあなたが万が一に備えて保険に加入しようと考えるのであれば、脳血管疾患などの長期化する病気入院や60歳を超えてからのケガ(骨折)入院の事を踏まえて加入するのが良いかもしれません。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索