ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年07月17日

がん治療法を把握しておきましょう!

がんの治療法とは?

「手術」、「放射線治療」、「抗がん剤治療」の3つの治療法が現在の主流になっています。

場合によっては、2つ以上を組み合わせる集学的治療が広く一般的に行われています。

 

手術

手術療法はメスでがん組織を切り取ってしまう治療法です。切除範囲をできるだけ最小限にすすめますが、通常はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。

 

放射線治療

細胞分裂を止める作用により腫瘍を縮小させる手法。手術とは違い切らずにがんを治療できるので、体への負担が少ない治療法とも言われています。

 

抗がん剤治療

抗がん剤治療自体でがん細胞自体の増殖を妨害し、死滅を促す事や、術後の転移や再発を防いだりするなど補助的な役割も果たす治療法です。

その他の治療方法

免疫細胞治療

先述した3つの主流治療法と併用もできる

副作用の少ない治療法

として期待されています。

 

免疫細胞治療は、一部先進医療として認定されており、手術・放射線治療・抗がん剤治療との併用治療や副作用の軽減など、生活環境の維持や再発・転移の予防に向けた術後の補助治療としても活用されています。

免疫細胞治療の大きな特徴として、もともと患者さんの体内にある免疫細胞を治療に使うので、副作用が少ないと言われています。

免疫細胞治療は先進医療にあたるケースがあるので、しっかりと先進医療に対応した保険に加入しておきたいですね。公的な保険が使えない先進医療になった場合、何十万~何百万という負担がかかる事もあります。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索