ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年06月23日

納得できるがん治療法を選択しませんか?

一生涯のうちにがんと診断される人の割合

男性58.0%  女性43.1%

※出典:公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計’13」

 

なんと!約2人に1人が、がんにかかっています。

 

がんは遺伝だと思われている方もいらっしゃいますが、遺伝よりも”生活習慣”による影響が大きいと言われています。

 

がんは、今身近な病気になっているのです。

QOLとは・・・?

QOLを重視する治療

最近はがんになっても、自分らしく過ごせるようQOL(クオリティ・オブ・ライフ・・・生活の質)を重視する治療へと変化しています。

 

医療技術の発展などにより、がんの治療法も日々進歩し、いまや、がんは「不治の病」ではなくなりつつあります。

 

たとえ治癒が望めない進行がんでも「長くつきあうことのできる病気」へと変わりつつあります。

 

その為に、がんを治療するにあたって、患者さんご自身が自分らしく過ごせるよう、QOL(生活の質)の維持と向上が重視されるようになってきました。

 

確かに治ってもその後、まともに生活できなくなるのは怖いな。。じゃあがんにかかった時に、どうすれば良い治療を受ける事ができるのかな?

まず、お医者さんと納得いくまで話し合う事。最近はセカンドオピニオンという手もあるので、別のお医者さんの意見を聞くのも良し。あとはどんな治療になっても、困る事がないようにお金の準備しておく事かな。

お金?自分で貯めておくってこと??それとも保険に入っておくということ???

できれば両方!がんは退院した後も検査が続いたり、健康食品の購入など色んな費用がかかる事が多いんだよ。公的な保険が使えないような治療も増えてるので、先進医療に対応した保険の準備も検討しておくべきかもね。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索