ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年07月25日

介護にかかる費用の目安について

介護に必要と考える金額はいくら?

もしあなたやあなたのご家族が要介護状態になった場合、いくらぐらいの資金を準備しておけば安心なのでしょうか?

 

生命保険文化センターの「平成24年 生命保険に関する全国実態調査」によると公的な介護保険の範囲外の費用として必要だと考える金額は以下のようになっています。

 

・初期費用 平均262万円
・月々の費用 平均17.2万円

 

初期費用の必要な資金の平均は262万円ですが分布をみると100~200万円未満が26.4%と最も多くなっています。

 

介護にかかる費用の目安

生命保険文化センターが発表している介護保障ガイド(2013年11月改定)によると介護に必要な設備などの目安は以下のようになっています。

 

<車いす>
・自走式 4~15万円
・電動式 30~50万円

 

<手すり>
・廊下、階段、浴室用など 1万円~
※サイズ、素材により金額は異なる
※工事費は別途

 

<特殊寝台>
・15~50万円
※機能により金額は異なる

 

<階段昇降機>
・いす式直線階段用 50万円~
※工事費は別途

 

<ポータブルトイレ>
・水洗式 1~4万円
・シャワー式 10~25万円

 

<移動用リフト>
・据置式 20~50万円
・レール壮行式 50万円~

 

<有料老人ホーム>
・入居一時金 0~4,000万円前後
・月額管理料 10~30万円/月

 

 

上記の金額は目安ですが公的な介護保険の給付を受ける場合、支給限度を超えない限り自己負担は1割となります。
介護保険の支給限度額と自己負担

 

上記に挙げた費用以外にも両親の介護が必要となった場合、家族の方の肉体的・精神的な疲労や介護の為に退職・転職などによって生じる収入の変化なども発生します。

 

いざという時の為に備えがある場合とまったく分からず不安な状況とでは大きな違いがありますので保険や貯蓄による備え、かかる費用についてなどご不安な場合は専門家に相談しましょう。

 

介護には車いすやデイケアの費用など直接的なもの以外にもご家族の時間の拘束など間接的な影響や負担も生じます。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索