ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年12月06日

保険料の負担を減らしたい時の方法について

毎月の保険料の負担が大変な場合はどうすればいい?

生命保険は10年や30年以上など長期に渡っての契約になる為、途中で保険料の負担が大変になる時期もあることでしょう。

 

そういった場合には当然、解約を検討する方もいらっしゃるかと思います。
しかし、生命保険は一度解約して入り直すとなると、改めて現在の年齢の計算する為、保険料が高くなってしまったり、健康状態の告知が必要となるので不利な条件が付いたり加入出来ない場合もあります。

 

毎月の負担を減らしたい場合で現在の保険会社で見直すか保険会社を変えるかの2つに分けてそれぞれの方法をみてみましょう。

現在保険会社で保険料の負担を減らしたい

現在加入している保険会社で保険料のご負担を減らしたい場合、以下のような方法があります。
(ご加入している保険の種類によって出来ない場合もあります。)

 

1、払済(はらいずみ)保険への変更
次回以降の保険料の払込を中止してその時点での解約返戻金を充当して保険金額は同額以下で保険期間を同一とした払済保険に変更するこ。

 

2、延長定期保険への変更
次回以降の払込を中止し、その時点での解約返戻金を充当して保険期間は変更となりますが、保険金額を同一とした延長定期保険に変更する。

 

3、減額、特約解約
保険金額の減額、または特約の解約等により保障を少なくすることで保険料の支払いを少なくする。
(減額、特約解約の出来ない場合があります。)

 

保険会社を変更して負担を減らしたい

保険会社を変更して保険料の負担を抑えたい方の場合は以下の内容に注意して見直してみましょう。

 

1、保障額を正確に把握する
保険料を抑えるにあたって保障額が少なくなれば保険料も同じく少なくなるのは当然です。
必要な保障は抑えながら割安な保険料を探す必要がありますので同じような商品でも何社か見比べるようにしましょう。

 

2、貯蓄型保険は解約せずに支払いを終了させる
貯蓄性のある保険を途中で解約すると解約返戻金が払い込んだ保険料を下回り、元本割れしてしまうことがあります。

 

貯蓄性のある商品についてはその部分だけ契約を継続したり払済保険に変えることで今まで加入していた保険を有効に運用できる方法があります。

 

3、専門家に相談する
専門家相談して現在の収入や加入している公的保険などを確認し、必要保障額を計算してみましょう。
時期によっては子供の成長に伴って必要保障額が下がっている場合がありますのでその分を減らして保険料を割安にできる場合があります。

 

保険料の負担を抑えたい場合に現在の契約を解約すると損になることもあります。 必要な部分と不要な部分をしっかりと見極めましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(2件)

  • 中岡

    かなり前に入った保険を今入り直しても安くなりますか?

  • 運営

    お問合せありがとうございます。
    保険は年齢によって保険料が上がるため、一概には言えませんが、今お持ちの保険が更新などで保険料が高くなっているようでしたら、保険料を抑えられる可能性も十分あります。
    保険会社や商品の詳しい内容につきましてはこちらに記載できませんのでお問合せフォームからご相談頂ければと思います。(無料です。)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索