ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年06月09日

生命保険の種類について

生命保険の種類をそれぞれの特徴を抑えながらまとめています。 ぜひあなたにぴったりの商品をお探しください。

生命保険の種類について

生命保険や医療保険には多くの種類があり、保険の加入や見直しを検討したもののパンレットや商品の多さから面倒になってしまった方も多いのではないでしょうか?

 

各商品にはそれぞれ特徴がありメリットとデメリットの両方を兼ね備えていますのであなたが理想とする商品を探して加入するようにしましょう。

 

こちらのページでは各商品を一覧にした上でそれぞれの特徴をまとめてみました。

死亡保障について

<定期保険>

 

・定期保険
契約期間が10年や60歳までなど定められており、満了時に解約返戻金がある場合もあるが掛け捨ての商品が多い。

 

・収入保障保険
被保険者に万一のことがあった場合に受取人に毎月決められた金額が支払われる保険。
(一括で受け取ることも可能。)

 

・逓減定期保険
死亡保障額が毎年減っていく保険。満了時の解約返戻金は0円となる。

 

・逓増定期保険
死亡保障額がだんだん増えていく保険商品で主に経営者や法人向け。
満了時の解約返戻金は0円となるが、保険期間中に解約すると返戻金がある。

 

・長期定期保険
98歳~100歳までなど期間が長い定期保険。
満了時の解約返戻金は0円となるが、保険期間中に解約すると返戻金がある。

 

 

<終身保険>
一生涯の保障がある生命保険。解約返戻金がある為、貯蓄性も高い。
保険会社の運用状況によって保障額が変わる変額終身保険んあどもある。

 

<低解約返戻金型終身保険>
終身保険と比べて保険料払い込み期間中の解約返戻金が少なく、その分保険料は割安な商品。

 

<養老保険>
保険期間が決まっており、死亡保障額と満期受取金が同額の商品。

 

<定期特約付終身保険>
終身保険(主契約)に定期保険や医療保障などの各種特約を組み合わせた商品。
日本国内の大手生命保険会社が主力としている商品で加入者も非常に多い。

 

<無選択型終身保険>
健康状態の告知がない生命保険。

 

<アカウント型保険>
定期特約付終身保険の後継とされている大手生保会社の主力商品。
積立部分を主契約に各種保障を特約として自由に組み合わせることが可能。

 

<三大疾病保障保険>
死亡保障以外にがん、急性心筋梗塞、脳卒中で約款所定の状態になった場合も保険金が支払われる。

医療・がん・その他の保険商品

<医療保険>
入院給付金と手術給付金を基本とした商品。
女性特有の病気など各種特約や健康状態の告知が緩和されている引受基準緩和型医療保険など各種種類がある。

 

<がん保険>
がんになった場合に診断一時金、がん入院給付金、手術給付金を基本として保障される商品。
がん保険の選び方のポイント

 

<学資保険>
お子さまの教育費の積立など貯蓄性を重視した保険商品。
学資保険の選び方のポイント

 

<個人年金保険>
老後の生活資金の積立を目的とした保険商品。
個人年金保険のメリットとデメリット

 

<傷害保険>
ケガによる入院、通院、死亡を保障する商品。
病気の場合は保障されない。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索