ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年02月22日

将来受け取る年金額の目安

老後の生活資金の基礎となる老齢年金。受取額の目安を見ることで将来にどれくらいの蓄えが必要か知ることが出来ます。

老後の生活資金の基礎となる老齢年金

年金保険料を払っていれば、原則65歳から老齢年金が支給されます。

 

受け取れる老齢年金の金額は、職業・報酬・加入期間などにより異なりますが人によってどれくらいの差があるものなのか一度見てみましょう。

老齢基礎年金の目安

<計算条件等>
1、加入年数別の1人あたりの65歳から支給される金額です。
2、平成15年度4月以降は総報酬制の適用を受けますが、ここでは賞与額が全月収の30%として計算しています。
3、加給年金、経過的加算などは考慮していません。
4、一定の条件のもとに算出した計算上の目安であり、
※実際の支給額を約束するものではありません。

 

※年金額は平成22年度の金額です。
受給資格要件を満たしていない場合は支給されません。
最新の情報は日本年金機構で確認できます。

 

基本的に個人事業主の方は国民年金のみの給付となり、会社員や公務員の方と比べて厚生年金や共済年金が無いので生涯現役で仕事をする予定でなければ個人的に貯蓄や投資、民間会社の年金保険などによる準備が必要となります。

 

上記の給付額に対して不安がある方は預貯金や年金保険など個人での資産形成が必要になりますので計画的に貯蓄・資産運用を行いましょう。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索