ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月27日

保険の加入や見直しはまず優先順位を決める

たくさんの保険会社のパンフレットを見てもよく分からない・・。 そんな方はまずあなたに必要な保障がどういうものなのか、優先順位はどうなのか整理してみましょう。

「なぜ保険に入るのか」整理してみましょう

保険の加入や見直しを検討するとたくさんの保険会社の資料やパンフレットを集めたけど見るのも面倒だしよく分からない・・・という方は非常に多いのではないでしょうか?

 

そんな時はまず一度、基本に戻って「なぜ保険が必要か?」当然のことですがいちから考えてみましょう。

 

病気や事故、万が一の時に
・だれが
・いつまで
・どのくらい
困るかを整理してみましょう。

 

困り度合いや経済的負担が大きいものから順に優先順位をつけると自分に必要な保障がイメージしやすくなります。

3人家族に必要な保障の優先順位

世帯主に万が一のことがあった場合、配偶者・子どもの生活費や教育費など負担度合いが
非常に大きくなります。

 

万が一のことがあった場合に生活費を確保する必要がありますが、お子様が小さい間は特に手厚い保障が必要となるので20年間や60歳までなど期間を決めて保険のカタチを三角にする ことで負担を抑えることが出来ます。

 

また、遺族厚生年金など国の保障を知っておくことも保険料の負担に繋がります。
老後の優先順位が低くなっていますが軽視しているわけではなくて必要な保障を見極めて
保険料の負担を抑え、貯蓄や投資に回すことが老後資金の準備に繋がります。

 

上の表はあくまで一例です。
家計に占める奥様の収入が大きい場合など世帯に合わせて必要な保障を抑えて行きましょう。

独身の場合に必要な保障の優先順位

独身の場合は自分に万が一のことがあった場合に誰かが経済的に困るということが比較的少ないと言えるでしょう。
(ご両親を扶養している場合などは優先順位が異なります。)

 

年齢や身体の具合が変わると保険料が高くなったり加入できないこともあるので医療保険やがん保険などの検討をお薦めします。

 

20~30代で大きな死亡保障に加入していながら入院や重大な病気の保障が手薄になっている方は一度見直してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索