ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2015年05月24日

病気別平均入院日数と費用

保険の判断材料の一つとして

保険の加入を考えるとき、まずは実際に病気にかかってしまったときにどれぐらいの期間の入院が必要で、いくらぐらい費用が掛かるのかを知っておき、それを元に保険の商品の設計や選定をしていくようにしましょう。

 

下記の代表的な病気に関してはある程度知っておいて損はないと思います。

三大疾病

日本人が患いやすく死因の上位3つである、がん(悪性新生物)、心筋梗塞、脳卒中を三大疾病といいます。

 

がんは肺がん、大腸がん、乳がんなどの種類があり、脳卒中は脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの種類があります。

 

・がん(悪性新生物)

平均入院日数:約21日 平均自己負担費用:約28万円

 

・脳梗塞

平均入院日数:約100日 平均自己負担費用:約77万円

 

・脳内出血

平均入院日数:約117日 平均自己負担費用:約92万円

 

・心筋梗塞

平均入院日数:約10日 平均自己負担費用:約22万円

七大生活習慣病

上記の三大疾病に下記4つの疾病を加えて一般に七大生活習慣病と呼んでいます。

 

・高血圧

平均入院日数:約35日 平均自己負担費用:約21万円

 

・糖尿病

平均入院日数:約33日 平均自己負担費用:約23万円

 

・肝硬変

平均入院日数:約41日 平均自己負担費用:約33万円

 

・腎不全

平均入院日数:約51日 平均自己負担費用:約48万円

まずはこれらを頭に置いて、入院日額をいくらに設定するか、特約をどうするか等判断していくようにしましょう。

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索