ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月31日

保険会社はどうやって運営しているのか?

保険料金の成り立ち

まず、お客様が支払う保険料は、保険金として支払う純保険料と保険会社が受け取る手数料である付加保険料とで構成されています。

 

予定死亡率は全保険会社同じですから、純保険料で保険料の差は生まれにくいでしょう。

 

違いが生まれるポイントとして、

各保険会社で設定できる付加保険料です。

 

付加保険料には広告宣伝費や運営に必要な経費、それに単純に人件費なども含まれます。

(要するに保険会社の方針や考え方によってどれだけ保険料に反映されるかわからないという事です)

やはり複数の見比べは重要

ある雑誌によれば、国内生保会社でマネージャークラスになると年収1,000万円〜と言われております。

外資系の生保会社では管理職マネージャークラスになるとなんと年収3,000万円を超える会社もあるみたいです。

 

要するに「どこで加入しても同じような保障であれば同じような保険料だろう」と思われがちですが、

色んな要素から成り立っているのが「保険料」です。

 

一社だけから話を聞くのではなく、しっかりと比べる事も重要かと思います。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索