ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月27日

FPによる保険相談

FP資格のある人とない人では何か違いがあるのかな? 保険の担当者はみんなFPの資格をもっているのかな?

FP資格とは

FPとしての能力を有している者として認められている国家資格は、1級 – 3級ファイナンシャル・プランニング技能士の事です。

 

一般的な解釈として、お客様の夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法がファイナンシャル・プランニングです。

 

このためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。

保険相談にFP資格は必要か

では、実際保険の相談業務にFP資格が絶対に必要かというと、そうではありません。

 

保険業界には保険専門の資格があり、それをさえ合格すれば保険の相談等はできるようになってます。

逆に保険の資格がないと詳しい保険の商品説明などはできない決まりになっています。

 

実際の現場でもFPの資格を取らずに保険の資格だけでずっと相談業務を行っている人も多くいるかと思います。

 

ケースバイケースですが、特に保険をイチから考えたいという方であれば、FP資格を有する方に相談乗ってもらう方が良いでしょう。

FP資格を持っている方に相談するのがベター

保険の相談といっても、将来の人生設計を踏まえてどのような保険にするかという話になる事も多いでしょうから、様々な知識を持っている担当者の方が話をしていても安心感があるのは確かです。

 

ただし、保険の実務経験があってこその資格という点は注意してほしいと思います。

 

資格の多くは1回とってしまえば残るものです。

つまり普段保険の仕事をあまりされていないFPの方よりは、実務経験豊富な保険の担当者の方がより良い商品をすすめる事ができるかもしれないという事です。

 

どちらかに偏ることなく、常に保険の実務をしているようなFPの方に相談するのが一番良いかと思われます。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索