ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年08月09日

2015年からの相続税

基礎控除が4割減

相続税は遺産から基礎控除を差し引いた分に課税されます。

基礎控除の方が多ければ、非課税という事です。

 

この基礎控除が2015年以降変更になるという事で世間で話題になっているのです。

 

実際基礎控除が変わるとどうなるのでしょう。

 

基礎控除が4割減

⇒課税対象者が急増するという事です。

 

【現在】

5000万円 + (1000万円×法廷相続人の数)

 

【2015年1月~】

3000万円 + (600万円×法廷相続人の数)

 

具体的に下記の例を見てみましょう。

 

妻+子3人で8000万を相続する場合

妻+子3人で8000万を相続する場合

 

◆2014年

8000万円   ⇒   全額非課税!

 

◆2015年

4800万円   ⇒   非課税!

3200万円   ⇒   課税対象になる

 

単純に今までより相続税を払うべき人が増えるという事ですね。

今まで対象でなかった人もこの変更で対象になるかもしれません。しっかりと相続対策をしておきたいものですね。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索