ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年10月28日

高齢出産 ~2人目のリスク~

2人目が高齢出産

2人目が高齢出産になった場合、リスクが出てくるのか?

 

これは一概にYESとは言えません。

 

例えば1人目の出産が35歳まで、2人目は35歳以降だからといって危険が大きくなるとは言い切れません。

 

年齢的なリスクは少しはあるでしょうが、やはり問題は妊婦の状態や精神面によるものが大きく、リスクかどうかも人によって全く違います。

 

しかし、ったくリスクがないとは言えず、一人目よりも確実に高齢にはなっていますから、軽く考えて検診に来ないなどは絶対タブーです。

 

注意点として、

一人目の出産時(高齢出産かどうかは別にして)に、妊娠中毒症や胎盤剥離など何らかのトラブルがあった場合には、2人目以降の妊娠・出産もできる限り同じ医療機関に通ったほうが、望ましいと言われております。

 

妊婦の健康状態を把握してくれている場所の方がいざという時の対処もスムーズかと思われるからです。

 

また、高齢出産になった場合は、母体のことを考えて医師と相談しながらすすめていくのが良いでしょう。

 

しかし、あまり心配し過ぎるとそれがストレスになり、それはそれで母体に良い影響はないとされていますので、2人目の子供を授かったという愛情いっぱいの気持ちで出産にすすんで欲しいと思います。

 

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索