ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年02月24日

先進医療の平均費用や年間実施人数について

体への負担や副作用が少ないと言われていますが実際はどれくらいの金額が必要でどれくらい実施されているのでしょうか?

先進医療とは?

先進医療とは、厚生労働大臣が承認した先進性の高い医療技術のことで、高度な技術を持つ医療スタッフと施設設備を持つ保険医療機関(大学病院など)で行うことが許されています。

 

平成23年3月1日時点では121種類の先進医療が実施されています。

 

「先進医療に係る技術料」は公的医療保険の対象とならないため全額自己負担となり、高額となる場合があります。

 

上記の内容が先進医療の一般的な説明です。
それではどんなものがあるのかちょっと見てみましょう。

先進医療の平均費用と実施人数、入院期間

<悪性腫瘍に対する陽子線治療>
平均費用・・・約275万円
年間実施人数・・・821人
平均入院期間・・・22.9日

 

<重粒子線治療>
平均費用・・・約302万円
年間実施人数・・・779人
平均入院期間・・・24.1日

 

<脊椎腫瘍に対する腫瘍脊椎骨全摘術>
平均費用・・・約201万円
年間実施人数・・・13人
平均入院期間・・・64.5日

 

<インプラント義歯>
(顎骨の過度の吸収により、従来の可撤性義歯では咀嚼機能が困難なものに限る)
平均費用・・・約58万円
年間実施人数・・・339人
平均入院期間・・・3.7日

 

<多焦点眼内レンズを用いた水晶体再生術>
平均費用・・・約58万円
年間実施人数・・・696人
平均入院期間・・・0.7日

 

<胸部悪性腫瘍に対するラジオ波焼灼療法>
平均費用・・・約19万円
年間実施人数・・・202人
平均入院期間・・・16.4日

 

<下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療法>
平均費用・・・約12万円
年間実施人数・・・370人
平均入院期間・・・1.2日

 

<超音波骨折治療法>
平均費用・・・約19万円
年間実施人数・・・109人
平均入院期間・・・42.1日

 

※参照
中央社会保険医療協議会
「平成21年6月30日時点で実施されていた先進医療の実施報告について」

 

上記に挙げたものは先進医療の一部ですが、平均費用は10万円~1,000万円までピンキリです。

 

その他の先進医療の技術名については厚生労働省のHPをご覧ください。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索