ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月29日

住宅購入で保険を見直す

住宅ローンを組んだら保険は必要ないのか? それとも更に保障が必要になるのかな?

ライフイベントに合わせた保険の見直し

保険の新規加入や見直しすべきタイミングの1つとして、大きなライフイベントがあげられます。

 

結婚や子供の誕生、そしてマイホーム購入などがそれにあたります。

 

特に子供が生まれた場合は、大きな死亡保障が必要になります。

 

ただし、住宅ローンを組んでマイホームを購入すれば、一定の保険に加入する事になるので保障の見直しが可能になるかもしれません。

住宅ローンを組んだ場合

住宅ローンを組んだ場合、団体信用生命保険に加入することになります。

 

これはもしローンの名義人(購入者)が死亡しても、保険金で住宅ローンを相殺できるというものです。

 

そのため加入している保険が住居の事も含んでの保障になっている場合、必要保障額を減らすことができるかもしれません。

 

見直しは慎重に

住宅ローンが相殺できるとはいえ、固定資産税や改築費などがありますので、全く保険が必要ないという事ではありません。

 

もちろん年齢を重ねれば子供に対してかかる費用も多くなっていきますし、それだけ病気のリスクやアクシデントに対しての保障は必要になります。

 

安易に保障を減らすのではなく、今後のライフイベントや家計と保障のバランスを慎重に考える必要があります。

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

関連記事

一覧へ

シェアする

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索