ご相談実績4000件、ご紹介実績1000件。正規代理店のファイナンシャルプランナーがあなたの保険選びをサポートします。無料ご相談はこちら

2014年01月10日

働く女性に必要な保険の選び方

妊娠・出産、乳がんや子宮がんなど女性は男性には無いリスクを抱えています。あなたに必要な保障をしっかりと把握して備えておきましょう。

女性が生命保険を検討するときのポイント

最近では女性も社会進出されていて経済的に自立していたり家計を支えている方が増えており、昔に比べて女性に対する生命保険や医療保険の必要性が高くなっています。

 

女性には妊娠や出産、乳がんや子宮がんを含めた女性特有のリスクもありますので独身の方や結婚している方などそれぞれに必要な保障がどういったものなのか整理しておきましょう。

 

独身の方と結婚している方の必要な保障の違い

あなたにもし万が一のことがあった場合にだれが・いつまで・どのくらい困るかを整理してまずは必要な保障を把握しておきましょう。

 

<独身女性の保険選びのポイント>
◆自分のケガや病気の治療を目的とした保険に加入
◆必要最低限の死亡保障(葬式代)を検討
◆年金など将来に備えた準備

 

独身女性の場合は自分に万が一のことがあった場合にかかる費用を遺族に負担させないようにしておくという程度の死亡保障で十分で、ご自分が病気やケガの治療や入院に備えて医療保険が必要です。

 

ただし、ご両親やお子様などを扶養している場合などは自分に万が一のことがあった場合に経済的リスクを負う場合がありますので必要に応じた死亡保障が必要です。

 

特に妊娠や出産については一回目の出産が帝王切開だったりすると新たに医療保険に加入しても一定期間(5年など)は保障対象外になるこおとが多いので独身の時から準備しておくと良いでしょう。

<結婚している女性の保険選びのポイント>
◆奥様の収入の生活費に占める割合に応じたものを
◆亡くなった場合に、残された家族に必要な死亡保障
◆自分のケガや病気の治療を目的とした保険に加入

 

奥様の収入が生活費や住宅ローンなどの支払いの中でどれくらいの割合をしめているかがポイントとなりますので、あなたに万が一のことがあった場合にだれが・いつまで・どれくらい困るか判断して必要な保障を備えましょう。

その他、女性が保険を選ぶときの注意点

<女性特約>
妊娠や出産時の異常分娩や乳がん子宮がんなど女性特有の病気について通常の医療保険よりも手厚い保障がついた女性向けの医療保険です。

 

<健康祝い金つき商品>
保険に加入してから何年かごとに健康祝い金などボーナスが給付される商品で女性に人気が高いサービスです。

 

健康な場合や生存していればお祝い金が支給されますが、基本的には保険料の一部を積立ててますので、積み立ての分保険料は高くなる為、給付金の金額と積立て金額の差額を比べて本当にお得か判断しましょう。

 

お問い合わせはこちら

コメント(0件)

コメントを残す
※全て入力必須です。ご投稿頂いたコメントは管理者からの承認後に公開されます。

無料ご相談お申込みはこちらから

* は必須項目です。

お名前 *

メールアドレス *

電話番号

- -

性別 *

 男性 女性

年齢 *

住所

郵便番号

-

都道府県 *

市町村・番地

建物名

ご相談のきっかけ

お問い合わせ内容

保険に関するご相談お気軽にお電話下さい フリーコール 0120-912-900 無料相談のお申込み

サイト内検索